エッチ

彼に自分の性癖を言えない時どうしたらいい?好きなエッチをするためにお互いの性癖を理解し合える関係になろう

投稿日:

「私にはこんな性癖がある」と、なかなか堂々と人に話せないものですよね。

ましてや相手が自分の好きな人だとしたら「嫌われてしまうのではないか」と、オープンにできないことも多いでしょう。

彼氏に自分の性癖を公表できない時、そのまま隠す他ないのでしょうか。

彼氏に嫌われないよう上手く対処する方法をご紹介します。

1.今より深い信頼関係を築くことから始める

自分の性癖を公表することに、恥かしさやためらいがない人はきっといないはずです。

好きな彼氏に引かれてしまうかもしれないという思いから、自分の性癖を公表しないで我慢し続けている人もいるでしょう。

ただ、この「引かれてしまうかもしれない」という思いは、信頼関係がしっかりと築けていないからという状況もありますよね。

彼氏と付き合ってからまだ間もなかったり、彼氏と会う機会が少なくて、まだ彼氏がどんな人なのかを把握し切れていなかったりと、関係性が浅く信頼関係がまだしっかりとしていないことも「引かれてしまうかもしれない」という怖さを生み出している原因でしょう。

多少時間がかかるかもしれませんが、信頼関係を築き、その上で彼氏にもっとあなたのことを好きになってもらうことが重要なポイントになります。

「なんでも受け入れるよ」という思いが彼氏の中にできるように、性癖を公表しやすい関係性を作り出すことをスタートさせてみましょう。

2.彼氏の性癖を聞き、受け入れる

意外と女性以上に男性が「彼女に性癖を公表できない」という人が多いものです。

彼女に嫌われてしまうかもしれないという思い、引かれてしまって自分の元から去ってしまうのではという恐怖から、なかなか彼女という存在に言えずにいるものです。

あなたもその思いの中にいるのであれば、まずは彼氏の性癖を聞き、そしてそれを受け入れるという対処をしておくと良いでしょう。

彼氏に「どんな性癖あるの?」とストレートに聞いてみるのも良いですし「望むことなんでも話してほしい」と遠回しに言ってみるのでも良いです。

まずは彼氏の性癖を聞き出し、どんな性癖であっても受け入れてあげることで、逆にあなたが性癖を公表するしやすくなります。

また、彼氏の性癖を聞くことで、彼氏が求めていることやそのレベルが分かりますよね。

それによってもし、あなたが公表することになっても「この程度であれば引かれないだろう」というボーダーラインが確認できることでしょう。

聞く時には「私もそれ好き」とか「こういうこと聞けて嬉しい」と、彼氏にとってプラスになる発言を心掛けることが重要です。

あなたがなかなか性癖を公表できない思いと同じように、彼氏もまた、性癖を公表することに恥じらいや怖さがあることを頭に入れておきましょう。

3.「もしも…」と仮定した性癖の話で彼氏の反応を見る

「これを言ったら引かれてしまうかな…」と、ストレートに自分の性癖を公表できない場合は「もしも…」の話で彼氏の反応を見るという対処法が良いです。

あなたが実際に「こういうのが好き」と、自分の性癖を打ち明けるような話し方ではなく「もしもこういうことされたら嫌?」とか「もしもこんな性癖の人がいたらどう思う?」と、客観的になるようあなたの性癖について彼氏に意見を求めてみるのです。

もしもの話であれば、例え彼氏が「そんな人嫌だ」とか「ちょっと理解できない」と言われた場合であっても「そうだよね~」と他人事のように話を流すことができますよね。

万が一、彼氏が良くない反応をしてきたとしても、逃げられる状況を作る為に「もしも…」の話から入ってみると良いでしょう。

そこで「俺もそういうの好きなんだよね」「それ実は興味あるんだ」と言われたら「実は私の性癖で…」と打ち明けてみるタイミング。

同じように興味を持ってくれたり、良い反応が見られた場合は、そこで彼氏に性癖を公表してしまうことでスッキリできるかもしれません。

彼氏の反応が怖い場合は「もしも…」の話から性癖を話し、あなたの性癖に対してどのような意見を持っているのかを確認してみると良いでしょう。

4.浮気にならない性癖なら他で発散する

性癖には様々なタイプがありますよね。

男女の関係の中じゃないとできない性癖もあれば、自分の中だけで解消できる性癖、また彼氏に対してだけ見せるものでもない性癖など、様々なタイプがあります。

自分の中だけで解消できる性癖や、彼氏相手に出したい性癖以外のことであれば、公表せずに発散するということも悪いことではありません。

彼氏だからといって「絶対に言わなければならない」というものではなく、公表することに苦痛を感じるならば、あえて言う必要もありません。

例えば自慰行為をすることが性癖だとしたら、それを彼氏に伝えたところで、彼氏にメリットもデメリットも表面上ありませんよね。

仮に「エッチな気分になるのは自分と一緒にいる時だけにしてね」と、性欲すらも独占したいタイプの彼氏であれば、あなたの性癖にデメリットを感じるかもしれませんが、その性癖自体は浮気にはならない行為であり、彼氏に迷惑をかける行為でもありませんよね。

浮気にならない性癖であれば、今まで通り自分や他所で発散するという方法をとり、彼氏には打ち明けないでおくというのも方法です。

無理に性癖を公表することを考えず、自分の中で楽しむという方法を選択することも良いでしょう。

5.少しずつ性癖を小出しにして確かめる

あまりにも過激な性癖がある場合は、初めからそれを公表することはとても難しいと感じるでしょう。

ただ、付き合っていくうちに彼氏にも変わった性癖があると分かったり、なんでも受け入れてくれる様子が感じ取れるのであれば、少しずつその性癖を小出しにして、彼の反応を確かめる方法でハードルを高めていくことも良いでしょう。

例えばあなたが、ムチなどで「いじめられたい」という欲があったり、精液を「顔にかけられたい」など、いじめられたいM気質な性癖があるとしましょう。

初めは「いじめられたい」と願望を伝えるくらいにして、彼氏がどこまでやってくれるかを試してみるのです。

彼氏のいじめ方で「足りない」と思う場合は「もっといじめて」と攻めて欲しいことを伝えたり「こうしてほしい」とお願いしてみたりすることで、徐々にあなたの過激な性癖に近づけていくのです。

彼氏にとっても「どこまでしても良いのか」と迷いがあることがあります。

特にこうした攻めるといったいじめる側や痛みを与える可能性がある行為は、大切な彼女にできないと考える人もいます。

徐々に試してみること、小出しにしていくことで、彼氏にも「ここまでして良いんだ」という思いを持たせてあげることができますよね。

初めからハードルの高い性癖は彼氏にもためらいが出てしまうため、ちょっとずつ「こうして欲しい」とお願いしたり「こういうのが好き」と小出しにしていくことで、確かめ合いながら公表してみるのも良いでしょう。

想像以上に男性の方が過激な性癖を持っている

彼氏に性癖を公表できないと悩みを持っている女性もいますが、それ以上に男性の方が過激な性癖を持っていて、彼女にカミングアウトできないで悩んでいる人の方が多いです。

やはりそこにはどちらも「相手に引かれてしまうかもしれない」という思いがあるからですよね。

相手を思う好きな気持ちが強ければ強いほど、意外とその性癖は受け入れることができるもの。

無理に公表する必要もないですが「彼氏としてみたい」「彼氏にやってもらいたい」と思うことであれば、信頼関係を築いた上で公表し認めてもらうことで、より深い関係を築けることでしょう。

-エッチ

Copyright© Himerun -大人の恋愛 ヒメルン- , 2021 All Rights Reserved.